ひらひら~愛ちん日記

愛ちんの日常、感じたこと、想いを綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キツネ

こんばんは。

今日、こんな話を聞きました。

震災が起きたとき、陸前高田市広田町は孤立しました。
隣町の大船渡市の、とあるおじいちゃん近藤さん(仮名)が
広田町の親戚の安否を確認に車で向かったのですが、
いつもの沿岸沿いはガレキが道をふさいでいて通れないため山道を通りなんとか無事たどり着いたそうです。

そして親戚の安否を確かめられたので、夜、
来た道を家に帰ろうと車を走らせたら、道に迷ったそうです。


辺りは当然停電で真っ暗。
頼りになるのは自分の車のライトだけ。

気持ち悪いな・・・と思いつつなれない道をとろとろと走ってたら、
はて、この道さっきも走ったような気が、

あれ?と思いながら誰かに道を聞こうと思っていたら中年の女の人が歩いてたんだど。

「あのっさ。道に迷ったんだけど小友さ行ぐのどっちゃ行げばいいんだべ」と聞いたら

そごの道、右に行がいと言われたので
教えて貰ったように車を走らせました。


ぐるっとひとまわり。


え?


また同じ場所に。


え?あれ?と思いながらも今度は少し若い女性がいたのでその女性から道を聞きました。

「あのっさ・・・」


さっきと同じ質問をしたら
真ん中の道をまっすぐ行けば出れるはずですと言われ、またひとまわり。


なんで?!このまま
うちに帰れないんじゃ!と思いはじめた時今度は老婆に会い、老婆に道を聞きました。


「あぁ、こごの道、左に曲がれば小友さでっがら」


・・・また同じ場所に。
近藤さんは焦る気持ちの中、ふっと思い出したそうです。



広田町にはキツネがいるという話を・・・



ブルブルッと身震いしました。
本気でうちに帰れないんじゃないかと。


まてよ。聞いたおなご、みんな同じ場所にいながったが?


おがしい!


絶対おがしい!


どうすっぺ。


でも、辺りは真っ暗。


近藤さんは自分を落ち着かせて別道に進み下った所に男性をみつけ声をかけました。
「あのっさ、小友に行ぎだいんだけど」


その男性は近藤さんの車に乗り、道案内してくれる事になりました。
「さっき、そごでおなご三人に会っでさ、道教えで貰ったんだけんどな、こごさ戻ってくんのさ」


「あぁ、それキツネだ。あんだぁ、騙されたんだな」


やっぱりと思ったそうです。
すんごく怖がったって。

そりゃそうでしょう!

その話を聞いた愛ちんもっと怖かったです><。
今夜は電気をつけっぱなしで寝たいです・゚・(lllつД`)ノ


終わり



※このお話はノンフィクションです。
[ 2012/03/03 23:59 ] リアス便り | TB(0) | CM(2)
こんにちは
都会でもキツネに騙される時ってあるよ。
チョミさんもね、いつも食事に行くお店にどうしても
たどり着けなかった事があったって。
間違えようが無いのにね。

妹さんが店の外で待っててくれたけど、どうしても無理
だったって。
それでチョミさんだけ諦めて帰ったって。

キツネに騙された時は、火を付けるといいんだ。
マッチでもライターでも。
でもその時はマッチもライターも持って無かったんだって。
ちゃんちゃん。
[ 2012/03/04 13:32 ] [ 編集 ]
Re: クリちゃん
こんばんは^^
キツネ怖い(((((((( ;゜Д゜))))))))

変身だけじゃなく無人でも・・・

!(゚Д゚,,)
火で居なくなるんだ!
マッチ積んで歩こ。
[ 2012/03/04 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。